オーガニック化粧品とは│お肌を考えた自然派コスメの選び方

オーガニックコスメ

「オーガニックコスメ・化粧品に興味があるけど、普通の化粧品とどこが違うのかな?」

「オーガニックコスメ・化粧品ブランドのおすすめは?」

最初はちょっとハードルが高そうに思えるオーガニックコスメや化粧品ですがポイントを抑えていれば難しいことはありません!

 

オーガニックコスメの一番の特徴はなんといっても天然成分なのでお肌にやさしいことです。
直接肌につけるものだから、化粧品はしっかり選んで自分にあったものを購入したいですよね。

そこで今回は、オーガニックコスメ・化粧品の定義や魅力、おすすめのオーガニック化粧品ブランドなどをまとめて一挙にご紹介します!

 

オーガニック化粧品・無添加化粧品・自然派化粧品の定義

オーガニック化粧品・無添加化粧品・自然派化粧品の定義

一般的にオーガニック化粧品とは、

  • 農薬や化学肥料を使わない
  • 遺伝子操作をしない

…といった「有機栽培」によって育てられた、植物・精油を中心につくる化粧品のことです。

植物ではありませんが天然鉱石・クレイ(泥)もオーガニックに含まれます。

天然成分を防腐剤にしたり原料産地を明記したりと、石油由来のケミカル成分を使わないようこだわったアイテムなんですね。

 

実は現在日本では「オーガニック化粧品」について統一の基準がありません。
そのためこれがオーガニック化粧品!という定義は各メーカーや団体によって様々となっております。

日本国内では有機栽培された植物のエキスがひとつでも配合されていれば「オーガニック化粧品」と呼べばれているのが現状です。

そんなあいまいな設定だったなんて驚きですよね!

またオーガニック化粧品と似た意味合いで使用される言葉に「無添加化粧品」と「自然派化粧品」があります。
一般的には以下のように使い分けられていますが、こちらも明確な定義は存在しません。

【無添加化粧品】
化粧品の全成分表示が義務化される前に表示が義務づけられていた『旧表示指定成分』が添加されていない化粧品
(旧表示指定成分の「すべて」が無添加であるかは化粧品によって異なります。)

【自然派化粧品】
自然由来のものを主な成分として配合している化粧品
(自然由来の成分が「主」なものかは化粧品によって異なります。)

 

このように実は詳しい定義のないオーガニック化粧品だからこそ、きちんとした商品なのか、製法はどんな方法で作られているのか
消費者が知識を身に着けきちんと把握しておく必要があります。

 

オーガニック化粧品・コスメはここがすばらしい

そんなオーガニック化粧品ですが、天然成分を使っている商品のため肌をすこやかに保ち整える魅力が満載です。
オーガニック化粧品の特徴として、基本的に農薬や化学肥料を使わず、有機栽培された植物由来のものが多いといわれています。

 

そのため、化学の力に頼らず、厳しい環境下で育った植物の豊かな美容成分が使用されています。
こうした植物の美容成分を詰め込んだオーガニック化粧品を毎日のケアにとり入れることで、自分の素肌をよりすこやかに保つことが期待できるでしょう!

 

オーガニック化粧品のチェック方法

オーガニック化粧品のチェック方法

 

オーガニック化粧品を選ぶためには、2つのポイントがあります。

①メーカーのオーガニック基準を確認する
②自分の肌に合ったものを選ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

オーガニック認証を受けているか

先にもご説明した通り日本には、オーガニック化粧品について法的な定義がありません。
しかし海外にはいくつかのオーガニックの認証機関・団体があり、それぞれで決められた基準をクリアしたものを「オーガニック化粧品」として認定しています。

オーガニック成分に安心したい&こだわりたい場合は、このようなオーガニック認証を取得しているか、チェックしてみるのも一つの方法です。
■ECOCERT(エコサート)
ECOCERT(エコサート)

ECOCERT(エコサート)は、1991年にフランスで設立した、ヨーロッパを中心として世界各国で認証実績のある、世界最大規模の有機認証機関です。
その認可には定評があり、製品に自信を持つ多くの企業やブランドがエコサート認証を求めているようです。

 

■COSMEBIO(コスメビオ)

 

COSMEBIO(コスメビオ)

COSMEBIO(コスメビオ)は、2002年にフランスで設立されたエコロジカル・オーガニック化粧品の協会で、エコサートの基準を満たしたオーガニック化粧品にコスメビオのロゴをつけることが許されています。欧米においてコスメビオ協会のロゴマークは、「本格的なオーガニック化粧品」を意味しており、「オーガニックコスメのスタンダード」とも考えられています。

■BDIH(ビーディーアイエイチ)

BDIH(ビーディーアイエイチ)

 

BDIH(ビーディーアイエイチ)は、2000年に設立された、ドイツの公的機関であるBDIH(ドイツ化粧品医薬品商工会企業連盟)を母体とした自然化粧品の認定団体です。
化粧品・医薬品に対して、自然原料、環境保護、動物実験などの観点から厳しい基準が設けられています。

■SOIL ASSOCIATION(ソイル・アソシエーション)

SOIL ASSOCIATION

SOIL ASSOCIATION(ソイル・アソシエーション)は、1946年にイギリスで設立された、有機農産物の検査・認証機関です。
「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念を持ち、イギリスのオーガニック製品の約80%がソイル・アソシエーションの認定を受けているといわれています。

このように、「オーガニック化粧品」といっても成分基準や特徴はさまざま。

ポイントを押さえて、自分の肌質やこだわりに合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

自分の肌に合ったものを選ぶ

お肌が敏感な人は、以下の成分が刺激になることがあるため注意が必要です。

  • 香料
  • 着色料
  • アルコール(エタノール)

また天然由来の成分は肌に優しいイメージですが、漆(うるし)で肌が荒れるように天然だからといって刺激がないわけではありません。

トライアルから使ってみる、腕の内側でパッチテストを行うなどすると肌荒れのリスクを減らすことができますよ。

 

おススメのオーガニックコスメブランド

Hiroko.K (ヒロコ.K)

ヒロコK

 

「Hiroko.K」は、オーガニックにこだわったパフュームをクリエイトし、そのオーガニックパフュームを使った斬新なスタイルのナチュラルコスメを開発しているオーガニックパフュームブランドです。

Hiroko.Kの商品は、フランスを本部とする世界最大規模の国際オーガニック(有機)認証機関ECOCERTの厳しい基準に準じて開発生産しており認可を取得しています。

 

その特徴は

・一切の石油系合成成分を含まない
・全表示成分において、その精製、抽出、製造の過程で一切の石油系かつ工業アルコールを含まないエコサートが認定した材料のみを使用
・人口着色料を含まない
・人工香料を含まない
・パラベン、フェノキンなど石油系防腐剤を一切使用しない
・乳化剤、界面活性剤など石油系合成成分を一切使用しない

というオーガニックへの強いこだわりを感じます。

 

一切の石油系合成成分を含んでいないピュアな植物性成分でできているので、水とよく馴染む特性をあわせ持っているそうです。

またHiroko.kのパフュームはマンダリンオリエンタルホテルのルームフレグランスとしても採用されています。

香りと美は密接な関係にありますし、ボディケア、ヘアケアにも香りは欠かせないものです。

 

オーガニックオイルは特に粒子が細かく、汗など、水分とよく馴染むので、手のひらに水をつけ、湿った状態でオイル香水を伸ばしていくと、よりお肌への浸透をしっかり感じられると思います。
さらに詳しく見る